クレトイシHOME製品検索結果高能率・高精度 80シリーズ

製品情報

ビト 高能率・高精度 80シリーズ

用途

【V201 ボンド、V208 ボンド】
 ・合金鋼、工具鋼、焼入材などの難削材の
  精密研削全般

【V303 ボンド】
 ・アンギュラー研削
 ・センタレス研削
 ・その他精密研削全般

【85A-VBE】
 ・合金鋼、工具鋼、焼入材の精密研削全般

カタログダウンロード

特長

■80A 砥粒とは
  80A 砥粒は厳選された原材料を使用し、高度な技術で製造される単結晶アルミナ砥粒です。
  WA 砥粒と比較した場合、硬度が高く微小破砕しますので砥石の寿命向上、研削抵抗の低減に大きな効果を発揮します。
  また研削能率が比較的低い(Z' = 3 以下)加工の場合、セラミック砥粒を使用した砥石に対して同等以上のコストパフォー
  マンスを発揮する可能性があります。

■80A 砥粒の特長を最大限に引き出せる専用の結合剤
  □ V201       スタンダードタイプ
  □ V208       高結合度用のタイプ
  □ V201R、V208R   セミポーラスタイプ
  □ V201P       ポーラスタイプ
  □ V203       ハイポーラスタイプ
  □ V303       ソフトな当りのタイプ

■85A 砥石とは
  85A 砥石は従来のピンクアランダムを使用した砥石と比較してさらにハイパフォーマンスを追求して開発しています。

加工事例

■研削条件
  ・研削方式 : 円筒プランジ研削
  ・砥石仕様 : 405 × 25 × 152.4 WA 60 K 8 VSK-1
                 32A 60 K 8 VSK-1
                 80A 60 K 8 V201
  ・被削材材質 : S55C(φ 60mm HRc58)
  ・砥石周速度 : 33m/s
  ・被削材周速度 : 0.33m/s
  ・研削液 : クレカットNET500B(X50)

加工事例

■研削条件
  ・研削方式 : 円筒研削
  ・砥石仕様 : 405 × 25 × 152.4 80A 60 K 8 V303
        405 × 25 × 152.4 32A 60 K 8 VSK-1
  ・被削材材質 : S55C(焼入)
  ・砥石周速度 : 33m/s
  ・被削材周速度 : 0.3m/s
  ・研削液 : クレカットNET500B(X50)
  ・研削能率(Z’) : 2.5,5mm3/mm・sec

■結果
  従来の32A 砥石に対して、研削比が30%向上し、研削抵抗は6%低く、研削面粗さはほぼ同等であることが確認できました。

■研削条件
  85A の社内実験試験結果